頭皮が臭いのはなぜ?

頭皮が臭いのはなぜ?

 

頭皮が臭いのに悩む方が最近増えています。男性はもちろん女性もです。恋人と抱き合ったときに、「臭い」って思われてたらショックですよね。恋人にはいい香りがすると思われていたいものです。

 

人にもよりますが、ひどい人はザリガニの6倍もの臭さになるという研究結果があります。もはや想像すらできません。そうなってしまわないように、早めに対策をしておきたいところです。

 

では、この頭皮のにおいの原因はどのようなものでしょうか?

 

ノネナールという成分が原因

 

この匂いはノネナールという成分が原因です。ノネナールは頭皮にいる細菌が、皮脂を食べて出す排出物です。つまり、ノネナールは「細菌のウンチ」ということになります。これが匂いを発しています。

 

通常はそこまでの量のノネナールは発生しないのですが、皮脂の分泌量が異常に多いとノネナールも多くなり、匂いがでてしまうのです。

改善策は

自分に合うシャンプーをみつける

多くのかたがシャンプーが合っていないため、皮脂が過剰に分泌されてしまっています。例えば、もともと皮脂が多いのにシリコン系のシャンプーを使ってしまっているかたなどです。シリコンシャンプーは、毛穴に残りやすいため、皮脂がかじょうに分泌されてしまいます。

 

そういったかたは、ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系のシャンプーを使ってみると改善するかもしれません。

 

髪をよく乾かす

濡れた状態の頭皮は細菌にとってかっこうの繁殖場所になります。ですので、皮脂を多く分解し、ノネナールが多く排出されてしまいます。洗髪後はなるべく早めに髪を乾かしましょう。

 

脂っこい食べ物を減らす

頭皮の皮脂は、当然食べ物からも影響をうけます。あぶらっこい食べ物ばかり食べていたりすると、皮脂が分泌されやすくなってしまいます。またコーヒーやタバコも皮脂を増やしてしまう原因です。

 

ストレスを減らす

ストレスも脂肪酸の分泌を増やすということが分かっています。なので、働きすぎのかたは少し仕事を減らしたり、リラックスする時間を増やしましょう。

 

適度な運動を心がける

運動は汗をかくので一見よくなさそうですが、汗腺を活発にしておくことが、皮脂の沈着を防ぐことができます。なので毎日なにかしら運動をして汗を流しましょう。